グッドデザイン賞にチャレンジする企業を応援するデザイン会社です

代表の馬場は、19年にわたりグッドデザイン賞の審査委員を勤め、2013年以来「グッドデザインフェロー」としてとして審査の外側から、グッドデザイン賞にチャレンジするさまざまな企業を、その特性にあった内容で応援しています。同時に、各地域の行政や公設試験研究機関と協力して、グッドデザイン活動の応援を行っている数少ないデザイン会社でもあります。クルーでは、審査委員と応募者の間に、良いコミュニケーションのブリッジを架けて、良いデザインを世に送り出すためのさまざまな応援メニューを用意して、グッドデザイン賞のチャレンジを「応援」しています。

グッドデザイン賞に詳しい会社
グッドデザイン賞 多数受賞

グッドデザイン賞は自社商品のデザインについて第三者評価が得られる数少ない機会です。デザイナーをはじめ、さまざまな専門家が知見を基に考察し、のべ4日〜1週間(部門賞審査など)に渡って審査を行います。特に申請時点で記入していくフォームは、ユーザー視点での開発がなされているか、環境や未来への提案などなされているかなど、開発時点では気がつかなかった項目を知れるため、それだけでもテストマーケティングの機会になります。初めてグッドデザイン賞に挑戦するとしても、メリットが多いのです。

この企画の背景を掘り下げたりコンセプトを構築することは、3x4®クロスデザインマネジメントで考えていくことと非常に重なっています。弊社代表の馬場は京都府中小企業センターと日本デザイン振興会とともに、京都区域の企業のグッドデザイン挑戦の後押しをしました。→関連記事

グッドデザイン賞 とるには
 

デザイン賞を多く受賞した経験と、グッドデザイン活動を支援するグッドデザインフェローの知識から、わかりやすく支援いたします。どうぞお気軽にご相談ください。

応援メニューを用意しました!次のページをご覧ください→

グッドデザイン賞へのチャレンジのご相談はこちらから